ドラコン王者 安楽拓也とは

安楽拓也

プロフィール

プロフィール
生年月日 1970年3月24日
身長 183cm
体重 86kg
出身 愛知県
血液型 お城巡り、B級グルメ食べ歩き
趣味 B型
愛称 安ちゃん
公式最長飛距離 411yard

略歴

1970年3月24日愛知県生まれ。
その美しくコンパクトなスイングで、驚異的な飛距離を叩き出すドラコン界の王者。
09年には、沖縄で開催されたL1グランプリで優勝するなど、国内のすべてのドラコン競技でポイントランキング1位を獲得。また即効性のある飛距離アップのレッスンにも定評があり、ステータスゴルフアカデミーでは「楽飛塾」を開講している。
公式最長記録411ヤード。ゴルフパートナー契約。

メディア履歴

【ゴルフレッスンコミック】
「安楽拓也のビックイージー」で漫画の中でも指導者として出演。

【ゴルフトゥデイ】
2012年12月15日発売のゴルフトゥデイレッスンムック、『世代別"ぶっ飛び"レッスン! あなたの"250ヤード超え"叶えます』についている特別付録DVD、『ドラコン三冠王・安楽拓也の誰でも250ヤード大作戦』の内容を一部紹介!400ヤードも飛ばすドラコンプロ安楽拓也の飛ばし技。30代、40代、50代とそれぞれの体に合った、無理なく飛ばせるドライバーの飛距離アップ術。

【カジュアルゴルフ】
毎月出演し、独自のゴルフ理論を解説。有名ゴルフ雑誌でも数多く取り上げられている。

【ゴルフネットワーク】
TEAM SERIZAWA出演。最多出演(5回)
TEAM SERIZAWA #46
L-1王者にも輝いた安楽拓也プロが鈴木崇義プロとタッグを組み、TEAM SERIZAWAの宮本勝昌プロとガチンコ対決! 416ヤードのミドルホールでは、3人とも300ヤードを軽く超えるティーショットが炸裂!! ドライバーだけでなくパッティングも冴え渡る安楽プロを、宮本プロはどう迎え撃つのか!?

TEAM SERIZAWA #47
TEAM SERIZAWAのエース・宮本勝昌プロが、安楽拓也プロ&鈴木崇義プロのチーム・ドラコンを迎え撃つ、ガチンコ対決第2弾!!
チーム・ドラコンの飛距離に圧倒されたのか、宮本プロが2打差を追いかける展開で後半に突入! 劣勢に立たされた宮本プロに、果たして勝機はあるのか!?

他【ゴルフネットワーク多数出演】、【ゴルフ雑誌多数掲載】
別冊 ゴルフTODAY 巻頭スペシャル 「圧倒する ドライバー術」
プレ男(メン)レッスン

受賞歴

開催年 大会名称 記録 飛距離
2007年 2007L-1グランプリ日本一決定戦
(アマチュア部門)
優勝
2008年 2008LDJ日本一決定戦 6位
2009年 2009(第11回)ゴルフダイジェストドラコン日本選手権
世界ドラコン代表決定戦
5位タイ
2009年 2009LDJ日本一決定戦 準優勝
2009年 2009L-1グランプリ日本一決定戦 優勝
2010年 2010(第12回)ゴルフダイジェストドラコン日本選手権
世界ドラコン代表決定戦
出場
2010年 2010LDJ日本一決定戦 出場
2011年 2011(第13回)ゴルフダイジェストドラコン日本選手権
世界ドラコン代表決定戦年間ポイントランキング
1位
2011年 2011LDJ年間ポイントランキング 1位
2012年 2012(第14回)ゴルフダイジェストドラコン日本選手権
世界ドラコン代表決定戦年間ポイントランキング
1位
2012年 2012LDJ年間ポイントランキング 1位
2013年 2013年L-1 沖縄大会、準決勝Aブロックにて「new shaft TA-98」を使い、
今季自己ベスト404ヤードを記録。
404ヤード
2013年 スーパーファイナル、376ヤードにて 2位 376ヤード
2015年 第17回ゴルフダイジェストドラゴン日本選手権 優勝 411ヤード
2015年 自己新世界ドラゴン代表決定戦
アメリカダラスで行われた世界大会
出場
2015年 第1回ケンコーポレーションカップドラゴン大会 シニア部 優勝
2016年 第2回ケンコーポレーションカップドラゴン大会 シニア部 優勝
2017年 ゴルフダイジェストアワード2017 レッスンオブザイヤー 受賞

安楽拓也の最新メソッド「チャリンコ理論」

自転車のように“自然”に “スムーズ”に。

あなたは自転車を漕ぐ時に「よし、ペダルを踏もう」「ハンドルを切ろう」と考えますか?多くの方は、そんなことを考えなくても自然に漕ぐことができると思います。同様に、ゴルフでも力まず自然体で振ることによって良いスイングが生まれます。
この「チャリンコ理論」ではスイングを自転車に例え、よりナチュラルな動きで正確にボールを飛ばす方法を分かりやすくお伝えします。

実践

  • 自転車にまたがる 1 アドレスに入る

    自転車に乗る時は、リラックスして上半身に無駄な力を入れず、いつでも漕ぎ始められる状態でサドルにまたがると思います。それはゴルフでも同じです。まずは基本的かつ理想的な姿勢、つまり正しいアドレスの姿勢で構えることが必要となります。

  • ペダルを踏み始める 2 テークバックの始動

    スイングを手から始めてしまうと、ショットは安定しません。スイングの始動は、下半身から始めるのが理想です。
    手から始動するのは、自転車を漕がずにハンドルを操作するようなもの。まずペダルを踏むようなイメージで重心を下に落とし、体幹からスイングを始動しましょう。

  • タイヤが回り始める 3 クラブが大きく動き出す

    自転車は、ペダルを踏んだエネルギーがチェーンからタイヤへと伝わることで動きます。これはスイングでいうと、下半身(ペダル)に力を込め体幹(チェーン)を動かす。そして体幹が動くことにより、クラブ(タイヤ)が動くという順番です。ただし、実際にはこれを一連のスムーズな流れとして行うことが大事です。常に自転車に乗るイメージを持ちながら繰り返し練習し、身体でその動きを覚えましょう。

  • ハンドルを意識する 4 クラブコントロール

    下半身→体幹→クラブの正しい順番でスイングを行うことができるようになったら、最後にハンドル操作、つまり腕の動きを意識します。とはいえ、直進するのに急ハンドルを切る必要がないのと同様、微調整する程度です。
    スイングプレーンが安定する最低限のスピードでクラブを振れるようになったら、腕のローテーション、フェースローテーションを意識して、球のつかまり度を高めていきます。

魔法のシャフト完成!新たな長尺時代がやってくる! ドラコンチャンプ安楽拓也監修 TA-98

ご購入はこちら